楽譜が読めたら、何でも弾けるの?

「楽譜が読めるようになる」

https://him-kisarazu.com/reading/

その次の段階は、憧れの曲を弾けるようになることです。

私の夫は、DTM(打ち込み)をやるので楽譜が読めますが、楽器は弾けません。

楽器の練習をしないからです(笑)。

楽譜が読めたら、何でも弾けるのというわけではないようです。

 

楽譜が読めて、ピアノが弾けるとは?

「ドレミファソラシド」と音階を弾く時に”指くぐり”をするように、ピアノを弾くことは無数の小さなテクニック(型)の上に成り立っています。

 

ピアノを弾く時に、私たちがやっていることは、

・楽譜上でリズム、音の高低、強弱、テンポの指示、表現の楽語などをキャッチする。(脳の働き)

・楽譜とピアノの鍵盤の位置を瞬時に判断し、適切な運指で、正しいリズムで指を動かす。(体の反射)

・イメージした曲想を、美しい音色になるよう演奏する。(心の表出)

です。

 

楽譜を読んでピアノを弾いている時、人はこのような動作を瞬時にやっているのです。なんだか、すごいですよね!

ピアノを始めて40年弱の私でも、理想通りに演奏できるわけではないので、日々勉強中です。

そして、続ければ続けるほど、とても愉しいです。

ピアノが”生涯の友”になりうる価値をお分かりいただけましたでしょうか。

さぁ、あとはピアノを始めるだけ!